“Main








[ABOUT]


舞台は静岡県熱海市。空き家・空き店舗やカフェを会場として、「アタミアートウィーク」と銘打ち、美大生の展覧会を2013年3月に開催いたしました。それから、毎年3月に学生が主体となりアタミアートウィークを企画・運営。毎年テーマを変えながら、「若手作家の創作および作品展示の場をつくり発信する」こと、「まだ明らかになっていない熱海の魅力を発掘する」ことを目的として開催しています。






[CONCEPT]


2017年の開催テーマは『天つ風むすぶ熱』です。むすぶという言葉には「なにかとなにかを繋ぐ」「手のひらをあわせて掬いあげる」「かたちを作り出す」という意味があります。この言葉の通り、現役美大生や若手作家たちが、思いおもいに熱海と繋がり、それぞれに熱海を掬いあげ、制作・発表を行います。作品を観る鑑賞者にもその熱を感じていただき、上昇気流のような「空高く天を吹く風」が生まれるように、という願いが込められています。『天つ風むすぶ熱』は、熱海を起点として、様々な物事が相互にむすばれていき大きな動力を呼び起こす姿を表しています。





[PROGRAM]


会期
2017年3月18日(土)−26日(日)

開場
平 日 13:00〜17:00
土日祝 10:00〜17:00

主催
アタミアートウィーク運営委員会

後援
熱海市/熱海市教育委員会
一般社団法人 熱海市観光協会
NPO法人 atamista

協賛
下田国久さま/蓬莱屋 石渡久照さま/稲葉タバコ店/熱海ガス株式会社/㈱ミサワアートプロジェクト/KICHI+/湯川さま/㈱丸屋喜助商店/桐生義明さま/渡邉宜則さま/田上富美子さま

協力
熱海交通自動車株式会社/イナダ時計店/utrymmeユトリエ/芥川暉/石川彰/桐生義明/桐生恭子/下田国久/對木正幸




[MAP]






[ARTISTS]


新井麻弓
 
Mayumi ARAI

Mayumi ARAI
1988年米国・ニューヨーク生まれ

EDUCATION
−現在 東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻油画博士課程

EXHIBITIONS
「International Afternoon」 (展覧会・トーク、チューリッヒ/スイス、2016)
「Connecting Space Hong Kong」 (レジデンス及び展示・パフォーマンス、香港/中国、2015)
「S P V I /Ⅱ」 (展覧会・パフォーマンス、ターナーギャラリー/東京、2015)
「帯 vol.02 - ひらく -」(企画・作品発表、帯屋捨松旧工場/西陣/京都、2015)  *2012年からリサーチ及びフィールドワークを行う
「Echo Bücher」(ソロパフォーマンス、ベルリン/ドイツ、2014)
「Third Space」(ソロパフォーマンス、ヘルシンキ/フィンランド、2014)
「Ptarmigan」(レジデンス及びパフォーマンス、レジデンス会場/タリン/エストニア、2014)

AWARDS
2016年「Open Call “Raw Matter”」(オーストリア)に入選、Shickneder Kino(ウィーン)にてソロパフォーマンスを発表
2013年「現代アーティスト公募プログラム-ISE NY Art Search 2013-」入選及びグループ展参加(ISE Cultural Foundation,ニューヨーク)

STATEMENT
私たちの生活の中で「わたし」という主体は、常にまわりからいろいろな意味が付け加えられたり、取って変えられたりしている。はたして個という主体を所有し続けることは、この世界の中で可能なのだろうか。この疑いをもちながらも尚、「わたし」という固有な存在があるのではないかと思い込んでしまう瞬間もある。これらの矛盾は美術の世界における「私の表現である。私以外私じゃない。唯一無二の存在である。」といったことに対する疑問でもある。私たちは常にそういった不安定なバランスの上で立ち続けている。その危うさを認識することで「誰でも何かになる」という遊びができるのだ。


石坂翔
 
Sho ISHIZAKA
 

Sho ISHIZAKA
1985年埼玉県生まれ

EDUCATION
2012 多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻 卒業

SOLO EXHIBITIONS
「スーベニア」(アタミアートウィークサテライト、参加[sanka]/築地/東京、2016)

GROUP EXHIBITIONS
「アタミアートウィーク2016〜流れ澱み沸き漂う〜」(市内各所/熱海/静岡、2016)
「素晴らしい人」(アキバタマビ21/東京、2015)
「Super Open Studio」( 相模原市周辺スタジオ/神奈川、2013−以降毎年参加)

STATEMENT
「イメージ」が本来ものから少し浮き立ち、独り歩きして、実際よりも誇張されたり捻れたり象徴的に認識されることがある。これはイメージのイメージ化ではないか。
実際にほとんど見たことのないものでも、映像や写真、言葉などによってイメージを持つことができるのもイメージ化の力だ。
イメージ化されたイメージは、なんとなく楽しそうだったり、とても美しそうだったり、怖そうだったりして実際の経験や記憶と関係ないのに感覚として認識するのである。


木下理子
 
Riko KINOSHITA
 

Riko KINOSHITA
1994年東京都生まれ

EDUCATION
2013−現在 武蔵野美術大学造形学部油絵学科油絵専攻

SOLO EXHIBITIONS
「バースデー」(手紙社 展示室トロワ/柴崎、2016)
「みえない水脈」 (武蔵野美術大学芸術祭、2015)
「夜の光と遠い星」 (コート・ギャラリー/国立/東京、2015)
「Hello Goodbye」 (momocurry, 吉祥寺、2013)

GROUP EXHIBITIONS
「SPACE_SPACE 7つの小さなコスモロジー」(gallery re:tail/吉祥寺、2016)
「SPIN OFF」高校OB展 (都立総合芸術高校展示ホール/新宿、2015)
「窓辺のスープ」 (武蔵野美術大学芸術祭、2014)
「10dreams -こんな夢を見た。-」(フリュウギャラリー/千駄木、2014)
「そらきわ」 (デザインフェスタギャラリー/原宿、2014)
「スクエア ザ・ダブル vol.8」(フリュウギャラリー/千駄木、2014)
「旅展」 (武蔵野美術大学芸術祭、2013)

STATEMENT
暮らしの中にある小さくて儚いものを見つめていると、頭上の無限に気付くことがあります。それらは紛れもなく、宇宙のかけらなのです。ミクロとマクロの繊細なやりとりの果てに、その宇宙感覚が生まれたとき、私は作品を創り続ける意味を感じることが出来ます。世界のあたりまえに隠れてしまった不思議と、もう一度出会って感動したいのです。


久留島咲
 
Saki KURUSHIMA
 

Saki KURUSHIMA
1994年香川県小豆島生まれ

EDUCATION
2016−現在 東京藝術大学大学院美術研究科壁画第一研究室修士課程
2016 愛知県立芸術大学美術学部美術科油画専攻 卒業

EXHIBITIONS
「プレプレその後展」(市民ギャラリー矢田/愛知、2016)
「愛知県立芸術大学卒業・修了展」(愛知県美術館/愛知、2016)
「池袋アートギャザリング」(池袋駅西口五差路/東京、2015)
「研究発表展」(愛知県立芸術大学資料館/愛知、2015)
「交差する表現」(D×Pressions2015,/名古屋造形大学D1ギャラリー/愛知、2015)
「sequence7」(香川県文化会館/香川、2015)

STATEMENT
自分が生きやすく、
見たいものを見るために。
周りで起こることも
面白く愛おしく思えるように
想像して、創造しています


駒井慶一朗
 
Keiichiro KOMAI
 

Keiichiro KOMAI
1993年埼玉県生まれ

EDUCATION
2013−現在 武蔵野美術大学造形学部建築学科

GROUP EXHIBITIONS
「アタミアートウィーク2016〜流れ澱み沸き漂う〜」(市内各所/熱海/静岡、2016)

STATEMENT
「すきま」、すなわち、物事のどっちつかずのあやふやな境界、を毎日ふらふらとフィールドワークしています、新しい境界あるいは分岐点が見えてくることを期待して。分岐点から、「すきま」を生んでいる側面を観察し、捉え直し、両者を取り結ぶことはできないだろうかと。
見て見ぬふりをするのでもなく、埋めてしまうのでもなく、オープンな態度で物事の存在をそのまま受け入れ、自由でありたい。そのために。
「すきま」をキーワードに、建築、花、テキストなどを制作しています。


小林萌寧
 
Mone KOBAYASHI
 

Mone KOBAYASHI
1996年広島県生まれ

EDUCATION
2014−現在 多摩美術大学デザイン学部生産デザイン学科テキスタイル専攻

AWARDS
2016年「TOKYOFRONTLINE PHOTO AWARD 2016」佐々木敦賞受賞
2016年「写真新世紀」佳作

STATEMENT
繊維を用いた新たな写真表現を試みています。

身近に感じるものが、本当はとても遠くで起きていたり
とても遠くに在ると思っている物事が、実はすぐ隣に在るような
そんな感覚を写真は与えてくれます。


坂口佳奈
 
Kana SAKAGUCHI
 

Kana SAKAGUCHI
1991年東京都生まれ

EDUCATION
2013−現在 武蔵野美術大学造形学部油絵学科油絵専攻

EXHIBITIONS
「sound of silence」(武蔵野美術大学/東京、2016)
「GOLDEN AGE」(武蔵野美術大学/東京、2015)
「トリアグラム展」(武蔵野美術大学/東京、2013)

STATEMENT
キャンバスを一つの部屋に見立て、家具や天井や壁を再配置して絵画作品を制作しています。そこには生活のなかにある機能を持った道具とは別に、私たちの身体で感じることのできる「ある」存在がみえてきます。それはなにもない空間(キャンバス)に、絵の具を置くことで見えてくる新しい空間やそこに絵の具があることを感じさせる光や影、それに伴う時間の流れです。「ある」存在は、身体の動きにより絵の具のリズムや時間の交差が重なりあうことで、ようやく目の前に現れ自身の目で見ること、受け止めることができると考えています。


鈴木媛琳
 
Enrin SUZUKI
 

Enrin SUZUKI
1993年東京都生まれ

EDUCATION
2013−現在 東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻

EXHIBITIONS
「隣の芝生」(Gallery Lara Tokyo/東京、2015)
「アートフェア」(Fabrik Expo/ロサンゼルス/アメリカ、2015)

STATEMENT
あなたと見たもの
あなたと見たかったもの

全部許せてしまうような
きらきらとした世界を切り取って
そこからほんの少しの光を私は残したい


鈴木初音
 
Hatsune SUZUKI
 

Hatsune SUZUKI
1995年神奈川県生まれ

EDUCATION
−現在 多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻

EXHIBITIONS
「approach」(多摩美術大学/東京、2015)

AWARDS
2016年「汐留ストリートフェスティバル2016 pillarartコンペティション」グランプリ受賞

STATEMENT
気まぐれに動く目が、生茂る草むらを見つけて、葉っぱを握って引き抜こうとしたとき、根の張る力に及ばなくて、手を切ったりして、血なんか出て来て、痛いと感じる。痛い手は私の身体で、足元から伸びる抜けない草の前で、そういえばそうだったなあとか思い出す。
見える世界と触れる世界のなかで絵を描いている。手を動かすうちに忘れては蘇る意識。そうやって自分の所在を確かめていくんだと思う。


すべなつ+黒坂祐
 
SUBENATSU
Yu KUROSAKA

SUBENATSU
多摩美術大学大学院修士課程美術研究科油画研究領域修了の荒木美晴、田邉結佳、本田和葉、三津木陽介による4人グループ

EXHIBITIONS
「アタミアートウィーク2016〜流れ澱み沸き漂う〜」 (市内各所/熱海/静岡、2016)
「アタミアートウィーク2015 街と人の隙間をめぐる体温」 (市内各所/熱海/静岡、2015)
「アタミアートウィーク2014」 (市内各所/熱海/静岡、2014)

STATEMENT
 造作なく隣接したなにかとなにかは往々にして互いに相容れないことがある。それらは今、それぞれで存在している。互いに関わらなければ平和な生活は保たれる。よくなることもないし、わるくなることもない。それはひとつの答案だ。
「人それぞれだよね」と彼女は言ったけど、私たちはいつもそれ以外の答案も考えてみる。ほんのすこし明日をよくするための答案を考えてみる。そしてそれがどうしたら実現できるのかを考える。私たちは、両者の庭の境界のぼやけてゆくところを探すため、話し続ける。


Yu KUROSAKA
1991年千葉県に生まれる

EDUCATION
−現在 東京藝術大学絵画科油画専攻

SOLO EXHIBITIONS
「ひとつのところにいる」(space dike/東京、2016)

GROUP EXHIBITIONS
「コラプスイブ」(旧豊島区役所/東京、2016)

STATEMENT
現実の手ざわりをつかもうとする、その中で起こること、現れるものを撮影することや書き留めることを通して観察し、物語として再構成する。
私たちは知ることを忘れているように感じる。
あらゆることが即座に検索可能な状況において、知ることから感触は失われた。
本来知ることとはその情報に出会うまでの適切な道のりがある。
その距離を歩いていくことをせずにはほんとうに知ることができるとは思えない。
このてくてくと歩いていく道中で出会う些細なことやどうでもいいことにふれていくことが知ることには必要な手続きだ。
それによって得た手ざわりが知ることを取り戻し、やっとのことで情報にアクセスすることができる。
そのアクセスする手段を確立することが私の制作行為である。
私は主に「当事者」になることで現実の手ざわりをつかもうとしてきた。
それは「身体」に始まり「家族」「街」というふうにだんだんと当事者意識をたもてなくなるようなことへ遠ざかろうとしている。
どこまで当事者でいられるかということはどこまでわたしがいて、どこまでわたしがいないかを探る行為であるといえる。
その手探りの状況を記録し、物語としてつなぎあわせ、観察することはわたしがわたしでないところからわたしであるという何者かを確認する手段である。


斎藤康平
 
SAITO Kohei

Kohei SAITO
1991年福島県生まれ

EDUCATION
2016 東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻 卒業

EXHIBITIONS
「適当な洞窟」(みんなのギャラリー/東京、2016)
「PAINTING DIG」(下北沢現代ハイツ/東京、2014)
「UNKNOWNS」(ギャラリー現/東京、2014)
「トーキョーワンダーウォール」(東京都現代美術館/東京、2014)

STATEMENT
残響音の中に眠る夢日記なのです
辺りは暗闇で人の形がうっすら浮かび上がる程度。輪郭線がゆれ動く。黒い人だかりがあり、前に進むことが出来るのか。それでも意外とスイスイ進み、コンクリートで出来た大げさな階段を降りると何やら鉄の水。ははん、人だかりの理由はこれ故か。階段三段四段降りてみると暗い部屋の片隅に鉄が配置されていた。人々はその鉄風と熱気に冷静さを乱される。一緒にいた友人が優しく手を取り、二人で先を急ぐ「見ないほうがいいよ。」と、優しく無垢に伝えてくれた。心がうれしかった。
そして、目が覚めた

_____
出発は一緒


髙田恵里
 
Eri TAKADA
 

Eri TAKADA
1993年岐阜県生まれ

EDUCATION
2013−現在 多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻

EXHIBITIONS
「アタミアートウィーク2016〜流れ澱み沸き漂う〜」 (市内各所/熱海/静岡、2016)

AWARDS
2016年「ワンダーシード2016」入選

STATEMENT
私は穴をつくっている。穴という共通の性質を持つものを組み合わせ、一つの形として現す。窓が並ぶ集合住宅や建築物をはじめとして、隙間やトンネル、火口や山・湖、フジツボやヒトデ等の生物などをモチーフとし、組み合わせてドローイングを行う。それらを元に、陶作品や立体的な平面作品を制作している。私の作品中では、ひとつの「穴」の形が持つ意味や対象が多層化して存在しており、制作後、形から見えてくる物事からリサーチワークを行う。それらは詩や写真として表現され、連続した制作活動を経て一つの作品が完成する。


田坂和実
 
Kazumi TASAKA

Kazumi TASAKA
1997年神奈川県生まれ

EDUCATION
2016−現在 多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻

EXHIBITIONS
「偶然展」(Uptown Koenji Gallery/東京、2016)

STATEMENT
何か自分の感覚とのズレを感じた時、今まで自分が思い至らなかった事実に出会った時、タブーとされていたことに触れた時。日常の中で価値観というものはいとも容易く 変化し、移ろうものではないのか。

この驚きをありのままに映し出し、一緒に再考し、どこまでもイメージを広げたい。

そんな動機から色々なものに挑戦し、それを作品のような形で書き留めています。


寺本明志
 
Akashi TERAMOTO

Akashi TERAMOTO
1992年横浜生まれ、埼玉育ち、東京都在住

EDUCATION
2015−現在 多摩美術大学大学院絵画学科油画専攻修士課程

SOLO EXHIBITIONS
「reunion (beyond a end)」(Troubadour/神奈川、2015)
「Like those days」(Art space Kakas/神奈川、2014)

GROUP EXHIBITIONS
「アタミアートウィーク2016〜流れ澱み沸き漂う〜」(市内各所/熱海/静岡、2016)
「The newtype/The coast is clear」(TURNER gallery/東京、2015)

STATEMENT
熱海の面影を探す。

私と熱海の関わりももう一年経ちました。熱海で買って帰ってきた花瓶を見ながら、ふとあの時のことを思い返すことも多くなりました。
熱海のものが持っている面影を探すことで、私たちの普段の生活やいつかの記憶を巡り、いつでも熱海に繋がり、帰ってこれるのではないかとよく考えています。


新屋伶子
 
Reiko NIIYA

Reiko NIIYA
1985年愛知県生まれ

EDUCATION
−現在 愛知県立芸術大学美術研究科油画・版画領域修士課程

EXHIBITIONS
「愛知県立芸術大学卒業・終了制作展」(愛知県美術館/愛知、2016)

STATEMENT
身のまわりの猫や風景や玄関などをモチーフにして絵を描いています。
リアリティをたもちつつ目が楽しくなれるような絵を描くことが理想です。


丸山のどか
 
Nodoka MARUYAMA

Nodoka MARUYAMA
1992年新潟県生まれ

EDUCATION
−現在 愛知県立芸術大学大学院美術研究科彫刻領域修士課程

SOLO EXHIBITIONS
「メリークリスマス?&ハッピー?ニューイヤー」(STUDIO COLLINA/愛知、2016)
「風景を転送」(学食二階次元/愛知、2015)

GROUP EXHIBITIONS
「SCENES CROSSING −交差する風景−」(学食二階次元/愛知、2014)
「くらくてしろい」(小川未明文学館/新潟、2013)

AWARDS
2016年「愛知県立芸術大学卒業・修了制作展」桑原賞受賞

STATEMENT
記憶の中にある風景について考えています。
風景は流動し続けていて、まったく同じ風景は二度と見ることはできないのかなと思います。
個人的ではなく普遍的な、記憶のなか生活のなかに存在する、ある意味どうでもよくてあたりまえの風景をテーマに(物や場が持つ記憶と今の自分との距離感を意識して)空間を立ち上がらせていきたいです。


宮川遥弥
 
Nobuya MIYAGAWA

Nobuya MIYAGAWA
1991年高知県生まれ

EDUCATION
2015−現在 多摩美術大学大学院絵画学科油画専攻修士課程

EXHIBITIONS
「アタミアートウィーク2016〜流れ澱み沸き漂う〜」(市内各所/熱海/静岡、2016)
「O’YA展Ⅴ」(MONDAY ART SPACE/東京、2016)
「多摩美術大学2015年有志卒業制作展 TARGET」(府中市美術館市民ギャラリー/東京、2015)
「O'YA展Ⅲ」(TURNER GALLER/東京、2013)

STATEMENT
ずっと絵を描いてきました。描き続けるうちに少しずつ絵の中に描かれていたものが絵の外にとびだすようになってきました
最近はその飛び出してきた絵が空間にも影響し、その場所自体を作るような作品になってきています
熱海という場所と長い間繋がり続けた家に絵を描きながら生活する自分を溶け込ませて、熱海の中に新しく「場所」を生み出すことが今回の試みです


若林菜穂
 
Naho WAKABAYASHI

Naho WAKABAYASHI
1991年東京都生まれ

EDUCATION
2013−現在 武蔵野美術大学造形学部油絵学科油絵専攻

EXHIBITIONS
「sound of silence」(武蔵野美術大学/東京、2016)
「予定にない日」(アタミアートウィークサテライト、参加[sanka]/築地/東京、2016)
「gaw展in掛川」(掛川市/静岡、2016)
「アタミアートウィーク2016〜流れ澱み沸き漂う〜」(市内各所/熱海/静岡、2016)
「golden age(PP)」(武蔵野美術大学/東京、2015)

STATEMENT
ものごとがそれひとつだけで成り立っているということは、ありうるのでしょうか。
目に見えることも、見えないことも、重なり合いながら望洋とした像を結びます。
わたしは可能な限り、部分を大切にしながら、同時に全体を見たいと思うのです。




  
© 2013-2017 Atami Art Week.










  

TOP




       
  
 
  
     
    
       
     
  
“LOGO