_ ABOUT AAW

_ 概要


3月17日 | 土 − 25日 | 日

平 日 12:00_18:00
土日祝 11:00_19:00

(初日、最終日は全会場16:00まで)

観覧料 | 無料(一部チケット制)



主 催| アタミアートウィーク運営委員会
後 援| NPO法人 atamista/熱海市/熱海市教育委員会/熱海市観光協会/FM熱海湯河原
共同代表| 田坂和実/渡邉昌平
開催地| 熱海各地
拠点 | ツキイレンタルスペース/熱海市銀座町8
出展作家| 50名(暫定)



_コンセプト



次世代のアートやアートコミュニティを目指し

「アタミアートウィーク(AAW)」は、現役美大生・社会人有志による 「アタミアートウィー ク運営委員会」 が熱海で主催する美術展覧会です。

同運営委員会は「地域とアート」および「住民と作家」それぞれの距離感を模索しながら 「作品の創作及び発信する場を作り、制作・発表を通して地域と人との交流を生み出すこと 」 「街の外からやってきてわかる熱海の魅力を発掘すること」を目的とし2012年3月より熱海の空き家や空き店舗を会場として展覧会やワークショップ、 イベントを開催してきました。

全国の大学生のうち、5%未満という超希少な絶滅危惧種である美大生が主体となり企画し、六回目を迎える今回は 現代において希少になりつつある近郊型温泉地である熱海において 次世代のアートやアートコミュニティをつくることを目指します。年に一度のイベントを学生が地元の人と協力して行い、 表現者の実践を通して表現者と鑑賞者の垣根を超え、新たなライフヴィジョンの提示をします。



_ テーマ

「***」


第6回のテーマは「***」(アスタリスク)です。 ネットで***と検索してみてください。

1:アタミアートウィークは学生主体で運営を行い、作家主体で企画を行っています。

2:作家個人が実社会の中に働きかけ、それぞれの思いの中で活動をしています。

3:この団体は作家が運営の手を離れて自立した活動をすることを求めています。


このイベントはサバイバルです。





_ 開催目的



アートと土 地やアートと人のあり方、表現に対しての可能性への挑戦

今までの本展示は展示機会の少ない美術大学の学生が学生時代に外部での展示という 経験ができる場を作ってきました。その際に年々増加傾向にあった熱海市の空き家率 に対しての改善案として熱海市内の空き家を展示場所とし、街の再生事業に協力して きました。

今回のAAWでは上記のことに加えて、賑わいを取り戻しつつある熱海市のようなまち に対してアートはどのようなことができるのか、これから社会の中で活動していく若 いアーティストたちはどのような姿を見せられるのかということを考え、アートと土 地やアートと人のあり方、そして表現そのものに対しての可能性に挑戦していきます 。

作家を目指す若者が熱海に集い、次世代を担うアートをつくることで、熱海に本物の リアルアートを定着させることを目指します。そのうえで熱海という街だからこそ起 こりうる新たな魅力を開拓します。



_ 展覧会のみどころ



若手作家による作品展示

「アタミアートウィーク 2018」は,作家を志す現役の美大・芸大生と、修学後間もない若手作家による作品を発表する展覧会です。 成⻑途中の作家たちが,それぞれの環境でそれぞれの視点から熱海を見つめ,それぞれの切り口・関わり方・表現方法で制作した 美術作品を発表いたします。


"熱海"でしか味わえない展示

熱海は全国でも有数の温泉地で,首都圏から距離が近いこともあり多くの旅行者がやってきます。熱海の住⺠は観光を生業として 生活してきた歴史があります。「アタミアートウィーク」の会場は熱海市街地の飲食店や空き店舗で,ホワイトキューブとは対照的 に,他の目的で使用されていた痕跡や住⺠の記憶が残っている場所です。また今回は,観光地である熱海ならではの場所として, ホテルや旅館,温泉での展示も計画しています。

住⺠が街で生活を送り,旅行者が観光として街を巡るなかで,熱海の魅力や歴史を, 美術作品を通して改めてまた新しく感じることのできるよう,まちなかに展示場所を点在させ,発見を生み出します。地域住⺠や 旅行者など多様な人々が展示に訪れることで,鑑賞者と作家の双方が多岐にわたる交流を経て,新たな価値観に出会うきっかけに なるでしょう







_ ABOUT


3.17th | SAT − 25th | SUN

weekDAY : 13:00-17:00
weekEND : 10:00-17:00

(First and last day -16:00)

Admission fee : Free (some parts need ticket)



Host| Atami Art Week steering committee
Supporter| Atami-shi/Atami-shi educational committee
Atami-shi Tourism association/NPOatamista/FM Atami yugawara

Chief| Kaumi Tasaka / Shohei Watanabe
Place| All over Atami
Base | Tsukii rental / space 8 Ginza-cho Atami-shi
Exhibitors| About 50 people



_ CONCEPT


To create new art and art community in Atami


"Atami Art Week (AAW)" is an art exhibition sponsored by Atami Art Week Steering Committee established by group of art college students and interested people.

Seeking relations, between “region and arts”, and between “residents and writes”, we are going “to create interaction between region and people through exhibitions” and “to find Atami’s fascination through the eyes of artists”. Since March 2012, we have held exhibitions, workshops and events with Atami's vacant houses and stores.

Artist students, less than 5% of all university students, have held AAW. This time, we are going to create new art and art community in Atami, which is a rare suburban hot spring area in the present age. We cooperate with local people and, through the practice of the artist, propose a new life vision beyond the boundaries between the artist and viewers



_ THEME

「***」


The theme for the 6th Atami art week is "***". If you have a smartphone with you, please try a Google search on "***".

1: This event is organized by university students, and each project by student artists.

2: These artists perform towards the society.

3: This project encourages these artists to work themselves out of the usual framework.

This event is a survival.





_ OBJECTIVES


Aeeking for new possibility in art with place, art with people and art expression itself


Up to now, AAW gives art colleges students a chance for presenting their works outside school. To solve the vacant houses problem increasing a lot each year in Atami, and to cooperate with town revitalization project, we temporarily renovate those vacant houses to be an art expo.

In addition, we think toward these questions: how art plays a role for place like Atami and how young artists positions will be in the future, also seeking for new possibility in art with place, art with people and art expression itself.

By gathering young boys and girls who want to be an artist and creating the community, we’ll make Atami the place for experiencing art and find new fascination unique to Atami.



_ HIGHLIGHTS


exhibition by young artists


AAW2018 offers you chances to see and observe the artworks made by young art students and artisans. These art youths would express the feelings and thoughts they've come up on visiting Atami city, with their own artistic skills.

vernacular “Atami-ish” exhibition


The city Atami is pretty famous for its natural hot-springs accessible for the city people in Tokyo. And the people in Atami have been living their lives engaging in sightseeing business there. With an attempt to utilize perks of the vacant houses or shops that have an enormous number of subtle memory and history renovated through time, we would have the exhibitions in those unoccupied spaces, hotels or traditional Japanese hostels. We are expecting all the visitors and the Atami people to walk from the places with artworks to the others, that are scattering in the city, hoping everyone is able to experience the Atami-ish lifestyles and its accumulated history. That opportunity of diverse com