_ COMING SOON
作品情報は随時更新いたします。








阿片 陽介 / Yosuke Agata


茨城県出身
筑波大学大学院博士前期課程 人間総合科学研究科芸術専攻 総合造形領域 1年

陶を素材に、造形表現を行っています。 粘土を使って造形し、それを焼くということ。 立体の造形方法として、時に不便さを感じることもあります。 それでも、その表現の豊かさを目の前にすると、この素材だからこそできる可能性を探求したい思いに駆られます。 陶のイメージを更新しつつ、その魅力を伝えたいと考えています。


受賞歴



2016

「第2回 瀬戸・藤四郎トリエンナーレ 入選」瀬戸市美術館 /愛知

2015

「ルーシー・リー展 陶芸コンテスト 入選」茨城県陶芸美術館 /茨城

2008

「第45回 神奈川県美術展 平面立体部門 入選」神奈川県民ホール /神奈川



展示歴



2016

個展 阿片陽介展 藍画廊 /東京

2015

個展 阿片陽介展 藍画廊 /東京

2017

「C pieces」アキバタマビ21 /東京

2010

「 material+」 スパイラルガーデン /東京

2009

「第1回 たまびやき」 藍画廊 /東京